元気が出る名作ミュージカル5選!

今回は、元気が出る名作ミュージカルを紹介したいと思います!
どうにも元気が出ない時や、心が落ち込み気味だったりして動き出せない時ってありますよね。
そんな時に観ると「よし!元気を貰って明日また頑張れそうな気がしてきた!」と思えるミュージカルがあります!
そんな時に勧めたい!私が思う!元気が出るミュージカル5選をお話したいと思います!

目次

お勧め!元気が出るミュージカル…!

その①「雨に唄えば」

2012年に、ロンドンウエストエンドで誕生した本作。
「世界中のすべての人をハッピーに」をモットーに作られたそう。
日本には2014年に初上陸し、最近も初演から主演を務めているアダム・クーパとともに帰ってきました!

あらすじ

サイレント映画が全盛期だった、1920年代。映画スターのドンとリナはスター同士のカップルとして世間の注目の的でした。しかし実際は、ドンはリナの我儘っぷりにうんざり。
ドンは街中で偶然出会った駆け出し女優キャシーに出会い、恋仲になります。
そんな中、時代の変化でハリウッドにはトーキー映画が流行しますが、リナはとんでもなく悪声で…。

『お勧め元気ポイント!』
軽快で、クスっと笑えるダンスや、コメディ要素の強いおしゃれなナンバーたち。
そして、びしょびしょに濡れながらこれでもか!というほどはしゃいで踊りまくる人気曲、「雨に唄えば」
この作品を観ると、どんなに悲しい時でも一緒に踊りだしたくなります(笑)
そして、心のままに、好きに楽しんで踊って良いのだなと思わせてくれる。
底から明るい作品です。
「頑張ろう」とか、「もっとやれ!」とか言うメッセージではなくて「楽しい!」と素直に思わせてくれる。だから心の元気が戻ってきて、今日も楽しんでいこう!と思うことが出来る。
そんなハッピーをくれるミュージカルです!

↓以下、宣伝動画♪

ミュージカル『SINGIN’IN THE RAIN〜雨に唄えば〜』2022 PV

その②「アニー」

1977年にブロードウェイで初上映された本作品。
トニー賞ではミュージカル賞、作曲賞、ミュージカル脚本賞を始め7部門を受賞しました。
日本ではその翌年1978年に初演を迎え、44年経った今でも多くの人に愛され続けています。

あらすじ

時は、大恐慌時代の1930年。
孤児院で暮らしている少女アニーは、辛い毎日でも両親が迎えに来てくれるという夢を持ち、明るく暮らしていた。
そんなある日、億万長者のウォーバックスの秘書グレースが孤児院にやってくる。アニーはその明るさで周りの大人たちに影響を与えていき…

『お勧め!元気ポイント!』
この作品は、前向きに希望を見出すアニーにこころ救われます。
大人の固くなった心を緩めてくれるような、アニーの明るさは、素直に私たちの心に元気をくれます。
上手くいかないことはもちろん色々あるけれど、前向きなのは大事だなと実感させられる作品です!
子供好きの方には、特におすすめ!一生懸命で明るい子供たちはパワフルそのものです!

↓子役の方々の元気を貰える歌声「トゥモロー」

トゥモロー(ミュージカル『アニー』より)…2020年の『アニー』子役キャスト26人から歌の贈り物

その③「バケモノの子」

細田守監督の大人気アニメーション映画を、初挑戦!劇団四季が舞台化したもの。
現在絶賛公開中の作品です。『公演期間』2022/5/13(金) ~ 2022/12/28(水)
どんなファンタジーな世界観もものにしてしまう劇団四季の腕を見せつけられる本作品。
原作と同じく、沢山の人を勇気づけること間違いなしです!

あらすじ

母を亡くし孤独を抱えていた少年、蓮。彼は、大人たちから逃れるために夜の街を駆け回っていると、あるバケモノと出会います。それは、人間界をうろついていたバケモノ界に住む熊男、熊徹でした。
一人で生きていくための強さが欲しかった蓮は、バケモノ界に行き、熊徹の弟子になることに決めます。
「胸の中の剣を握りしめろ!」という熊徹の言葉に従い蓮は反発をしながらも成長していきます…

『お勧め!元気ポイント!』
この作品、演者の方々一人ひとりのパワーが凄くて、想いが真っすぐ伝わってきて、生きるパワーを貰います。
人にはそれぞれ闇があって、それは自分だけじゃない。みんなもがいてる。
でもそれに飲み込まれないで、胸の奥底にある自分の剣を握ろう。誰もが強くなれる!
というメッセージに勇気を貰います。また、熊徹ときゅうたの間にある絆も素敵。
親子の愛情で心温まる作品です!強くなりたい人必見!!

↓劇団四季稽古風景

トゥモロー(ミュージカル『アニー』より)…2020年の『アニー』子役キャスト26人から歌の贈り物

『公式サイトはこちら!』https://www.shiki.jp/applause/bakemono/

その④「ヘア・スプレー」

アメリカで上映された映画が、2007年に日本で上映
2002年にブロードウェイでミュージカル化されトニー賞では8部門を受賞された本作。
日本でも、渡辺直美さん主演で2020年に舞台化され、コロナ禍で中止になってしまいましたが、再演を期待する声が沢山上がっています。

あらすじ

ファッションが大好きで明るくふくよかな女の子、トレイシーは、ダンス番組「コニー・コリンズ・ショー」の大ファンでした。番組に出演したいという夢を持ちオーディションに参加しますが、体系が理由で落とされてしまいます。
それでもあきらめきれないトレイシーはダンスを必死に習い、番組に乱入!憧れのスター、リンクとも出会い仲を深めます。大胆で魅力的なダンスで審査員と視聴者を虜にします。
それがきっかけで街で人気ものになっていくトレイシーですが、番組で起きていく黒人差別も我慢が出来なくて…。

『お勧め!元気ポイント!』
明るく弾ける音楽、ダンス、トレイシー!それらにつられて気持ちが前向きになるになるしかない!
そんなミュージカルです。衣装や照明も、明るくポップで、オシャレかわいい!観ているだけでウキウキします。
自分の好きなこと、考え方、やりたいことに真っすぐなトレイシーに元気を貰う人は多いはずです!
コンプレックスがあったとしても、それすらチャームポイントだし、自分を好きになれるのを応援してくれるような作品です!

↓日本人キャスト版pv

トゥモロー(ミュージカル『アニー』より)…2020年の『アニー』子役キャスト26人から歌の贈り物

その⑤「天使にラブソングを」

1992年にアメリカで映画化、翌年日本でも上映されました。
その後、映画版で主演を務めたウピー・コルドバーグが舞台版もプロデュース!
大ヒットした本作はトニー賞で5部門ノミネートされる大作に。2016年には日本でも上映され、今でもなお親しまれている作品です!

あらすじ

歌手デロリスはある日、殺人現場を目撃してしまい怖い人たちに追いかけられてしまう。
身の危険のため、警察に勧められ修道院で暮らすことになるデロリス。
しかし、破天荒で豪快な彼女は修道院で普通に暮らすことが出来ません。持ち前の歌唱力やリーダーシップを生かして聖歌隊に指導を始めます。
一致団結し面白くパワフルに成長していく聖歌隊ですが、追手にデロリスの居場所がばれてしまい、修道院全体を巻き込んでいきます…。

『お勧め!元気ポイント!』
お茶目で愉快なデロリスと、その色に染まっていく個性豊かな聖歌隊のメンバー。
彼女たちが作り出すドタバタや音楽についニッコリしてしまう、そんな楽しいミュージカルです!
曲も名曲が勢ぞろいで、メッセージ性のある歌詞に心励まされます。
沢山笑って感動して、「人生は愉快だ!」と思える作品です!
この作品、なんと2022年に公開予定です…!『公演期間』2022/11/13〜2022/12/4

↓舞台版pv

『天使にラブ・ソングを』2022速報PV

『公式サイトはこちら!』https://www.tohostage.com/sister_act/

まとめ

ミュージカルって、心が元気になる!
今回ご紹介したものは、特にそれを実感できると私が思う作品です!是非皆さんも、パワーアップのために劇場に足を運んでみてください(^▽^)/

前向きに元気づけられる作品一覧はこちらから!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる