【配信ライブ体験記】『Thumva』で配信ライブ体験 「高品質ライブを仲間と観よう!」

 

配信ライブ体験記
Thumvaで配信ライブ参戦!
「高品質ライブを仲間と観よう!」

今回は「Thumva(サムバ)」という配信プラットフォームをご紹介します。
利用ガイドや規約など詳細は公式HPよりご確認ください。
参戦したライブはこちら

2021.02.28 20:00-
Come on! ALFEE!!~LIVE&チャット&生トーク~
Best Hit Alfee 2020-2021 冬の夢 LOVE & HOPE Vol.3 FINAL

それでは「Thumva」の特徴を紹介していきます。

サービスの特徴

・高画質・高音質で見応えのある映像
・グループ機能で離れた仲間と一緒にライブ観戦
・アーティストからお返しがくるかも!?ギフティング機能

高画質・高音質で見応えのある映像

とにかく映像と音が良いです!
Thumva体験ムービー

・途中で画面が固まらない!
・高画質・高音質のまま見られる!

撮り下ろしのライブ映像や生トークなど滑らかにみることができました。
生配信だと通信トラブルが多いのですがそれがなく最後までライブに集中できました。
最高画質にしても止まることはほぼなかったです。

グループ機能で離れた仲間と一緒にライブ観戦

ここが他の配信プラットフォームとは一味違うポイントでしょう。
最大8人までライブを観ながらグループチャット、ビデオ電話が可能になります。
LINEやzoomなど他サービスの併用は画面や端末の使い分けなど手間がかかります。
なので手軽に友達と感動を共有できるこの機能はかなり良いと思います!
今回は1人で参戦したので未使用ですが機会があれば使ってみたいです。

アーティストからお返しがくるかも!?ギフティング機能

私の参戦したライブにはありませんでしたが投げ銭もできるようでした。
事前にポイントを購入し贈ることでアーティストの応援ができます!
このギフトはチケットと同様にアーティストの収益になります。
ギフトに対して特別動画などアーティストからお返しがくる可能性もあるようです。

※ギフティングの有無や内容はイベントごとで異なるので各イベント詳細ごとに確認してください。

「Thumva」で配信ライブを観て

良かった点

・最高画質にしても画面停止せずストレスなく観れた。
・アーティストがチャット内容を拾ってくれる。
最新情報公開やライブ映像が流れた直後はコメントの動きが活発で
盛り上がっていました。ライブ会場ではできないファンへのコメント返しなど
ラジオとライブのいいとこ取りをしたようなイベントでした。
それを綺麗な映像、音質のまま最後までストレスなく観られたのが
とてもよかったです。

気になった点

・途中でアプリやページを閉じると最初からになってしまう。
・スキップや見返したい場所に戻りにくい。
アーカイブを観る時に好きなところから再生するのが難しかったです。
YouTubeのようなわかりやすいスキップ機能がない点が気になりました。

 

以上、「Thumva」をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
気になるところもありますが高品質なライブ体験とそれをファンとアーティストで
一緒に楽しめる良いサービスでした。
今後も様々なイベントがあるようなので気になる方はぜひチェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映像制作者を目指すバンドカメラマン。
現在はインディーズバンドのスタッフ兼カメラマンを
しながら映像制作を学んでいます。
一生何かを作り続けて生きることを目標に日々修行中。